今から始める簡単お小遣い稼ぎ

               パソコン初心者にもわかりやすく、ネット上でのお小遣い稼ぎを説明します。 コツコツクリックから最終的にはブログでのアフィリエイト収入を目指します。

初めての方はこちらからどうぞ -> 1.はじめに 「ごあいさつ」

キーワードアドバイスツールプラスアクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトバンドキャンペーンについて

今まで、リンクを貼っただけでしたが、トラックバックを頂きましたので、記事にしたいと思います。

このホワイトバンドキャンペーンは、世界の貧しさをほっといちゃいけない、ホワイトバンドを300円で買って、身に着けて意思表示をして下さい、みたいなキャンペーンです。

そして、今、この300円は、流通費+原価・制作経費+活動費に充てられるので、貧しい人たちへの寄付分がないってところが話題になっているみたいです。

ケロぱは知ってました。サイトに行くと目立つところに書いてありますから。
そして、それを面白いと思ってました。
サイトに書いてある通り、これまでの募金活動とは違っています。

キャンペーン自体は世界の数国で広く行われており、各国で趣旨まで同じなのかどうか、私にはわかりませんが、国内だけを見ても、キャンペーンに参加した人や企業それぞれがそれぞれの考えで活動しています。(参加した人や企業が売り上げた分から、その企業が募金したり、活動資金にしたりするシステムです。)

キャンペーンを仕切っているPR会社からの明確な寄付はなくても、あれだけ有名人を集めて注目させ、ホワイトバンド=カッコイイと思わせ、これまでボランティアに興味のなかった人を引き入れたことで、寄付以上の貢献をしていると思います。

電車の中でホワイトバンドをしている人を結構見ますよ。

私自身は子供の頃、募金して赤い羽根を(なくしたのかな?)着けずにいたら、10円募金をして誇らしげに胸に赤い羽根を着けたオヤジに「募金もしないのか」と罵倒されて以来、トラウマになってしまって、小額の寄付でいかにも「寄付しました」とアピールすることが恥かしいので、買ってません。そんなもん買うぐらいなら300円を別のところに寄付します。

でも、寄付すれば良いのかというと、それも違っていて、「どうせお金がもらえるから」と、何もしなくなった発展途上国の人々の話を現場の人から聞いたりもしていたので、
ホワイトバンドのサイトに書いてあった、以下の趣旨がとても気に入っています。

1.援助の方法を
ちゃんと貧しい国の貧しい人達が、
自分達の力で食べていけるような長い目で見た
支援の方法に変えていきたいのです。



【直接募金したい方は、こちらからどうぞ。(当ブログの右上にもリンクが貼ってあります)】

DFF クリックで救える命がある。

イーココロ クリックから世界が変わる。

お買い物は是非コチラから!イーココロ!


【また、お小遣い稼ぎサイトでも募金できるところがあります。】

ネットマイルでは、貯まったポイントをキャッシュバックせずに500ポイント単位で寄付することが出来ます。今だとアメリカのハリケーン災害や、スマトラ沖地震災害等の募金が選択できます。

予想ネットでも、貯まったポイントをキャッシュバックする代わりに10000ポイント単位で寄付することが出来ます。今だと 「パキスタン北部地震災害救援金」の募金が選択できます。

ECナビではクリック募金があります。

他にもボランティア活動をしているサイトがありますので、
eBANK(イーバンク銀行)の『ちょこっといいことプログラム』で参照してみて下さい。


【本格的に募金したい方はこちら】

日本赤十字社

日本ユニセフ協会

国境なき医師団日本

難民を助ける会

フォスタープラン

あしなが育英会

1万円を超える額を寄付した方は確定申告することにより、所得税控除を受けることができます。くわしくはこちらまで-->国税庁 タックスアンサー税務相談室
領収書を忘れずにもらってね!

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。